里山物語 アーカイブ

ふくしま里山物語

 かつて、人々の生活と密着し暮らしを支えてきた県内里山。燃料や農業に必要なものを得るために手を入れてきた。変わりつつある現在の里山の風景、森づくり、行事など、人と森のかかわりとともに、そこに息づく生物を紹介する。

福島民友新聞にて2010年3月25日付まで掲載

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【猪苗代】〔ふくしま・さくらだより〕観音寺川の桜並木 桜彩る川の流れ