いわきFC、ロート製薬とパートナー契約

 

 サッカーのいわきFC(東北社会人リーグ1部)を運営するいわきスポーツクラブは1日、医薬品・化粧品などの製造販売を手掛けるロート製薬(大阪府)とビジネスパートナー契約を結んだと発表した。

 いわきFCは6月から、香りに関する研究を行うロート製薬の「ベレアラボ」と共同で、スポーツ選手の精神的な疲労回復に香りが役立つかを検証する事業に取り組んでいる。

 検証で得られた成果は、働く世代の疲労感の軽減など、いわき市民の健康増進に活用される予定。契約期間は2019年12月31日まで。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席