学法石川エース・横山、ナインを信じて粘投「全員でやる野球」

 

 「苦しい時こそ全員で笑顔をつくって戦った」。最終回での逆転勝利に学法石川のエース横山凌(3年)は試合後も笑顔だった。

 序盤、東北の強打者相手に自信のある直球中心に組み立てたが、ボールが先行。「力んでしまった」と制球に苦しみ、3回には本塁打を浴び逆転を許した。

 直後、主将桑山武冴志(同)からの「凌、信じろ」の言葉がマウンドに響いた。「仲間の声が聞こえ、全員でやる野球を思い出した」。

 野手を信じて打たせて取る投球に切り替え、7回にマウンドを譲るまで無失点で踏ん張った。

 【6月7日の福島県代表・試合結果】春季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン