福島商、須賀川にコールド 野田3安打「自分たちが優勝する」

 

 福島商が15安打8得点で、須賀川に8―1で7回コールド勝ちした。

 福島商の野田智大(3年)は4打数3安打の活躍で1番打者の役目を果たした。「1回戦は打てていなかったから良かった」とホッとした表情を見せた。

 1回戦は1安打に終わった野田。「バットの芯に当てるイメージをもう一度心がけた」と修正して試合に臨んだ。初回の第1打席でいきなり三塁打を放ち結果を出すと、その後も快音を響かせた。

 直前の試合で県北支部のライバル聖光学院が敗れた。「決勝で戦えないなら、自分たちが優勝するだけ」。頂点に向け、力強く言い切った。

 【5月20日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし