ふたば未来・エース国分『粘りの投球』 日大東北打線7回連打

 
【日大東北―ふたば未来】勝ち越しを許し、7回終了後にうつむきながらベンチへ戻る国分(左)

 ふたば未来は、先発したエース国分が粘りの投球を続けたが、打線が応えられなかった。

 「6回まではいいリズムで投げられた」。好投を続けたふたば未来のエース国分渉(3年)が7回に浴びた連打に屈した。

 武器であるスライダー中心の組み立てで、3回の失点以外は凡打の山を築いた。しかし7回、「甘い球が多かった」と日大東北打線につかまり、長打2本を含む3連打で2失点。あとわずかのところで東北大会出場を逃した。

 今大会は4試合を完投し、「走者を出してからの投球をより意識するようになった」と振り返る。初の4強進出という経験を、夏の力に変える。

 【5月26日の試合結果】春季高校野球福島県大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町