東日大昌平はコールド突破! 8回打者一巡の猛攻、能代を下す

 
【東日大昌平―能代】2回裏東日大昌平無死一塁、同点に追い付く右越え適時二塁打を放つ増子=中山町・荘銀日新スタジアム
2回戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
能代
1
0
0
0
0
0
0
0
1
東日大昌平
0
2
0
0
0
0
0
6x
8
(8回コールド)

 8回に打者一巡の猛攻を見せた東日大昌平が能代を8回コールドで下した。

 「絶対に勝てると自分に言い聞かせていた。自信はあった」。2回に同点に追い付く二塁打を放った東日大昌平主将の増子颯(3年)は初戦を終え、初めて本県の第1代表として臨むこの大会に自信をのぞかせた。

 先制点を許し、1点を追う2回裏無死一塁。「狙い球が来てくれた」と直球を強打すると、打球は右越えの適時二塁打となった。続く打者は三振に倒れたものの、増子は相手投手の暴投の隙を突き、二塁から一気に逆転のホームに滑り込んだ。

 春の開幕戦までは打撃の調子が上がらず苦しんだが、伊藤博康監督との1対1での打撃練習をきっかけに復調。一打ごとにアドバイスをもらい、センターを意識して強く打つ感覚を徐々につかんだ。

 県大会2回戦の聖光学院戦、そして決勝学法石川戦でもしっかりと安打をマーク。結果を出すことで打撃への自信は確信に変わった。

 次戦は宮城第1代表の仙台育英が相手。増子は「どこまで通用するのか、学びの試合にしたい」と真剣なまなざしで語る。県大会初優勝の勢いを自信に変える東日大昌平ナイン。東北の舞台でもさらなる成長を遂げる。

 安堵の先発・菊地「勝ててよかった」

 初戦の先発を任された東日大昌平の菊地雅久斗(がくと)(3年)は「緊張したが勝ててよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 1回表に得意のスライダーが高めに浮き、3連打を浴び先制点を許した。「悪い流れを早く切り替えなくては」と深呼吸。続く打者からはスライダーを低めに集め、三者連続三振で悪い流れを絶った。

 県大会では中堅手と投手の"二足のわらじ"で活躍した菊地。「投手も野手も一番になりたい」と次戦を見据える。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道