学法福島・辻垣「福島へ恩返し」 オリ育成2位、福島市長表敬

 
木幡市長にサインボールを渡す辻垣投手(右)

 プロ野球のドラフト会議でオリックスから育成2位指名された学法福島高の辻垣高良(たから)投手は26日、福島市役所を訪れ、木幡浩市長に「福島への恩返しの気持ちで頑張りたい」と決意を述べた。

 懇談に先立ち、辻垣投手は野球経験のある木幡市長とキャッチボールを行った。辻垣投手は「1軍で登板できるよう頑張る。将来的にはメジャーリーグで活躍したい」と意気込みを語った。辻垣選手からサインボールを受け取った木幡市長は「肩や肘を大事にし、活躍できる選手になってほしい」と言葉を送った。オリックスは、辻垣投手と28日に仮契約すると発表した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖火リレー、福島県内3日間フィナーレ!つないだ火、紡いだ思い