東日大昌平『誤算』...守備ミス目立つ 3人継投で挑むも6失点

 
【学法福島―東日大昌平】準決勝で敗れ、肩を落とす東日大昌平ナイン

 「守備からリズムをつくる本来の野球ができなかった」。東日大昌平の主将小松大介(2年)は3失策と守備のミスが目立った敗戦に肩を落とした。

 エース大内弘也(同)が肘の痛みで先発を外れ、小椋一裟(かずさ)(同)ら3人の継投で挑んだが6失点。逆転で勝ち進んできた打撃も、相手エースの直球やチェンジアップに苦しみ、主砲小松も1安打のみと反撃の糸口をつかめなかった。

 多くの反省点が見えた一戦。「改めてプレーを見直し、精いっぱいの野球をしたい」と小松は東北大会最後の1枠を見据える。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン