学法石川、センバツ望み 秋季東北高校野球、八戸学院光星に惜敗

 
【八戸学院光星―学法石川】先発し、8回1失点の快投を見せた学法石川の佐藤翼=こまちスタジアム
準決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
学法石川
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
八戸学光星
0
0
0
0
0
0
1
0
X
1

 来春の選抜高校野球大会(センバツ)出場につながる第76回秋季東北地区高校野球大会第5日は22日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝が行われ、本県第3代表の学法石川は八戸学院光星(青森第2代表)に0―1で敗れ、33年ぶりの決勝進出とはならなかった。

 学法石川は2回、大栄(おおさかえ)利哉(1年)の三塁打で無死三塁の好機をつくったものの、後続が倒れた。7回も四球や暴投などで三塁まで走者を進めたが、得点につなげられなかった。7回、先発佐藤翼(同)が初めて連打を浴びて1点を失うと最後まで反撃できず、1安打に抑えられた。

 センバツ出場校は、各地区の秋季大会の成績が考慮されて決まる。東北地区からは一般選考枠として3校が選ばれる。

 初先発・佐藤8回1失点

 公式戦初先発とは思えない堂々とした投球で、相手エースとがっぷり四つの投げ合いを繰り広げた。8回1失点の快投を見せた学法石川の佐藤翼(1年)。試合には敗れたが、「人生で一番の投球ができた」と胸を張った。

 この日の朝、球場に向かうバスの中で佐々木順一朗監督が先発を告げると、佐藤は満面の笑みで応じた。「心臓が強くてピッチャー向きな子。これは大丈夫だな」。佐藤の顔を見て、指揮官はそう確信したという。

 「先発が好き」と言う佐藤は、指揮官の期待を込めた抜擢に気持ちを高ぶらせた。「やってやるしかない」

 中学1年からバッテリーを組む大栄(おおさかえ)利哉(同)と打ち合わせた通り、相手打線が苦手にしていると思われた内角を決め球として有効活用し、6回までゼロを刻んだ。失点した7回も完璧に捉えられた打球はわずか。球威は落ちず、制球も狂わず、無四球。最後までマウンドを譲らなかった。佐々木監督は「ここまで投げてくれるとは。予想以上」と、期待を上回る活躍に目を細めた。

 「冬に体を大きくして、ピンチで粘れる今日の相手の投手みたいになりたい」。甲子園のスコアボードに九つのゼロを刻む日を目指して、強心臓の1年生が鍛錬の冬へと向かう。(南哲哉)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【J2いわきFC/2年目の挑戦・中】 パスで揺さぶり敵陣の隙へ