聖光、早すぎる秋終幕 日大山形に初戦敗退 堅実守備が陰潜める

 
【聖光学院―日大山形】悔しそうな表情を見せながらスタンドにあいさつする聖光学院ナイン=こまちスタジアム

◇秋季東北地区高校野球・第2日(17日・秋田県こまちスタジアム)

 日大山形 7―3 聖光学院

 聖光学院の東北の頂点を目指した戦いは初戦で幕を閉じた。早すぎる終幕に主将佐藤羅天(らま)(2年)は「これまでの積み重ねは正しいと思っていたが、間違っていたのかな」と言葉を振り絞った。

 堅実な守備が持ち味の聖光学院らしさが陰を潜めた。2失策や暴投が絡んで二回までに5失点。流れを変えるべく二回途中から登板したのはエース古宇田烈(同)。「しっかり気持ちをつくっていた」と最初の打者からエンジン全開。六回まで一人の走者も出さない完璧な投球で攻撃のリズムをつくったかのように見えた。

 だが、3―5の七回に球威が落ちてきた直球を捉えられ、この回2失点。仲間の援護を待ったが、最後まで流れを引き戻すことができず、「気持ちの部分の力が足りなかった」と目を赤くした。

 「甲子園を目指していると堂々と言う資格があるチームになる」と佐藤。スローガンの「一枚岩のチーム」を目指して鍛錬を重ねていく。

【10月17日の福島県代表・試合結果】秋季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

浜風感じて市民ランナー6300人健脚 いわきサンシャインマラソン