光南、継続試合...悔しい初戦敗退 強豪・一関学院相手に粘るも

 
【光南―一関学院】光南九回表2死二、三塁、三振に倒れて最後の打者となり悔しがる滝浪=グリーンスタジアムよこて

◇秋季東北地区高校野球・第2日(17日・秋田県グリーンスタジアムよこて)

 一関学院 3―0 光南

 2日間に及ぶ接戦は、光南の滝浪楓太(2年)の見逃し三振でゲームセット。九回、2死から西野佑と真岡燎人の1年生コンビが奮起し、二、三塁で滝浪につないだが、最後はバットを振れなかった。「今までの投手と違った。ボールだと思って手が出なかった」と終戦に目を赤くした。

 光南は初めて継続試合を経験。日をまたいでの試合は調整に苦労したが、岩手第1代表の強豪相手に持ち前の粘りを見せつけた。

 東北大会は悔しい初戦敗退となった。滝浪は「一冬越して、打席などで相手にも恐れられるような選手になりたい」と決意を新たにして球場を去った。

【10月17日の福島県代表・試合結果】秋季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

浜風感じて市民ランナー6300人健脚 いわきサンシャインマラソン