学石が準々決勝へ 秋季東北高校野球、聖和学園(宮城)に競り勝つ

 

 来春の選抜高校野球大会出場につながる第76回秋季東北地区高校野球大会は第2日の17日、こまちスタジアム(秋田市)とグリーンスタジアムよこて(秋田県横手市)で2回戦4試合が行われた。本県第3代表の学法石川は聖和学園(宮城第1代表)に2―1で競り勝ち、準々決勝に進出した。

 本県第1代表の聖光学院は日大山形(山形第2代表)に3―7で敗れた。継続試合となり、八回裏無死から再開した光南(本県第2代表)―一関学院(岩手第1代表)は、光南が一関学院に0―3で敗れた。

 グリーンスタジアムよこてで行われる予定だった2回戦3試合は雨天のため18日に順延となった。これにより、試合日程の一部が変更になった。20日に予定されていた準決勝2試合は20日の休養日を挟んで、21日に行われる。決勝はこまちスタジアムで22日午前10時開始予定。

 第3日は2回戦3試合が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

浜風感じて市民ランナー6300人健脚 いわきサンシャインマラソン