東日本国際大・斎田らが「プロ志望届」 26日、ドラフト会議

 

 日本高野連と全日本大学野球連盟は12日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で374人(高校216人、大学158人)が届け出た。26日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

 本県関係では、東日本国際大4年の斎田海斗と佐々木大輔、学法福島高3年の辻垣高良らがプロ志望届を提出している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ65チーム闘志