聖光学院野球部・斎藤監督が母校講演「成長なしに成功はない」

 
「甲子園への道」と題して講演する斎藤監督

 聖光学院高野球部の斎藤智也監督(57)は16日、母校の福島市飯坂町の大鳥中で「甲子園への道」と題して講演し、新型コロナウイルスの影響を受けた今季の活動や部員とのエピソードなどを紹介した。

  同校が企画した教育講演会で、オリンピック・パラリンピック教育推進事業の推進校の取り組みの一環として開いた。生徒141人と教職員らが聴講した。

  新型コロナの影響で中止となった全国高校野球選手権への思いや部員たちに語り掛けた内容などを紹介し「コロナで奪われたものは戻ってこない。コロナに対する考え方を改め、何事にも前向きに取り組んでほしい」と語った。

  斎藤監督は「不動心」をモットーとした指導方針についても触れ「自分の成長なしに成功はない。人と比較せず、自分の成長を成し遂げることが大事」などと話した。

  斎藤監督は2018年に第28回みんゆう県民大賞スポーツ賞を受賞している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖火リレー、福島県内3日間フィナーレ!つないだ火、紡いだ思い