磐城が『新チーム』始動! 佐藤新主将「甲子園で勝利目指す」

 
主将として新チームをまとめる佐藤(手前)

 2020年甲子園高校野球交流試合に出場した磐城は18日、いわき市の同校グラウンドで、新チームでの練習を本格的に始動した。

 新チームの選手は2年生7人、1年生10人の計17人。何事にも全力で取り組むという「Play Hard(プレーハード)」の精神を受け継ぎ、実戦練習や筋力トレーニングに励んだ。

 新たに主将を務める佐藤綾哉(2年)は「(前主将の)岩間(涼星)さんから、自分たちらしいプレーをしてほしいと声を掛けてもらった。もう一度甲子園での勝利を目指したい」と表情を引き締めた。

 2年生で唯一、交流試合に三塁手として先発した首藤瑛太は「交流試合の経験を生かし、自分たちのチームカラーを出したい」と意気込んだ。

 磐城は、24日に開幕する第72回秋季東北地区高校野球県大会いわき支部大会の予選の出場が免除され、県大会から参加する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞