鮮やか集中打!磐城が小高産業技術下す 稲葉、打順降格に発奮

 
【磐城―小高産業技術】6回裏磐城1死二、三塁、同点に追い付く2点適時打を放ちベンチに向かって左手を突き上げる稲葉=あづま球場

 磐城が集中打で小高産業技術に7―3逆転勝ちした。

 監督から気合を入れられた上級生が期待に応えた。3安打3打点と活躍した磐城の6番稲葉大樹(2年)は「打順が落ちた悔しさと2年生のプライドがあった」と胸中を明かした。

 2点を追い掛ける6回1死二、三塁、中前への2点適時打で仕事を果たすと、同点に追い付かれた直後の8回には左前にだめ押しの適時打を放った。両打席とも狙い球はスライダーだったが、甘く入った直球にうまく対応した。

 稲葉は安打を確信すると拳をベンチに向けて突き上げ、闘志を前面に出した。8回の一打に「(1年生の)岩間(涼星)が打ったから次は自分が何としても打ちたかった」と胸を張った。県大会から打順が入れ替わり、勢いのある1年生が1、3、5番を固め、稲葉ら夏の福島大会を経験した、打力のある2年生が下位打線に回った。上級生の発奮を促す木村保監督の狙いが好結果につながった。

 相双支部第1代表を撃破し、次戦は4強を懸けて県中支部第1代表の日大東北と激突する。「強豪私学を倒すのは自分たち」と稲葉。夏は3回戦で散った古豪が逆襲に燃えている。

 【9月17日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝...早くも『監督バトル』 酒井、大八木監督ら決戦前に