学法福島、初回に一挙5点 湯本に7-4、平安が成長の3打点

 
【湯本―学法福島】1回裏学法福島2死満塁、中前適時打を放つ平安=ヨーク開成山スタジアム

 序盤の打撃戦を制した学法福島が7―4で湯本を振り切った。

 学法福島の平安(ひらやす)相斗(1年)は、初回の適時打と3回の犠飛で計3打点の活躍。「精神面の成長を実感できた」と笑顔を見せた。

 1、2年生主体で臨んだ今夏の福島大会。3回戦の福島西戦で、満塁の好機に3球連続で内角を攻められ、弱気になって見逃し三振を喫した。その悔しさから内角の球への対応を強化、弱点の克服は精神的な部分の成長も促した。初回の好機に放った適時打は、まさに成長の表れだ。

 身長156センチと小柄な遊撃手。「目の前の仕事をしっかりやっていきたい」とさらなる成長を誓う。

 【9月22日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝...早くも『監督バトル』 酒井、大八木監督ら決戦前に