【秋季福島県大会展望】王者・聖光学院が軸 勢力図変化を予感

 
対戦カードを決めた抽選会

 新体制で臨む初の大舞台であるとともに、来春のセンバツ出場にもつながる重要な大会。夏の福島大会を13年連続で制した王者聖光学院を軸に、新チームとなった各校がどう戦いに挑むか。県王者を懸けた球児たちの熱戦が再び始まる。

 Aブロックは7年ぶりに県北優勝を果たした学法福島と相双1位のふたば未来がシードに入った。選手宣誓を引き当て、秋季県大会初出場の修明の活躍にも期待がかかる。

 Bブロックは13年ぶりに県中を制した田村と県南優勝を飾った光南がシード枠。いわき第2代表の平工や夏の福島大会第1シードで主力が残る東日大昌平はノーシードから上位を狙う。

 Cブロックは特別枠の聖光学院のほか、3年ぶりに会津を制した若松商、支部第2代表の学法石川や小高産業技術といった強豪校がひしめく激戦ブロックとなった。

 Dブロックは、夏初戦敗退の磐城が14年ぶりに支部を制し、勢いがある。夏の福島大会準優勝の日大東北と秋季県大会50度目の出場となる福島商ら古豪は、新チームの実力が試される。

 久々に支部を制したチームも多く、勢力図の変化を予感させる今大会。準々決勝からの連戦をどう戦い抜くかが鍵となりそうだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道