強豪撃破・福島成蹊...決勝戦で『涙雨』 学法福島に雪辱ならず

 
【学法福島―福島成蹊】雨の中、力投する福島成蹊の松本

 学法福島が終盤に粘りを発揮し、福島成蹊に3―2でサヨナラ勝ちした。

 相次いで強豪校を破り、快進撃を続けてきた福島成蹊が最後の最後で力尽きた。県北支部大会で敗れた相手に決勝で2度目の敗戦。主将の上遠野浩輝(2年)は「倒したかった」と悔しさをにじませた。

 6回に斎藤朱璃(1年)の適時打で2点を先制すると、1点をかえされたものの終盤まで試合の流れを渡さなかった。初の栄冠が懸かった最終回。突如降り出した雨がその流れを変える。8回1失点と踏ん張ってきた先発松本元気(2年)の制球が狂い初め、9回2死からの逆転劇を許した。

 歓喜の輪をつくる学法福島ナインと対照的に肩を落とす福島成蹊ナイン。「終盤の集中力は相手が上だった。失策を減らし、東北大会では自分たちらしい野球をしたい」と上遠野。この雪辱を東北大会で晴らす。

 【9月24日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

師走の南相馬路さっそうと3300人熱走 野馬追の里健康マラソン