「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場

 
行進する8年ぶり出場の学法福島ナイン=盛岡市、岩手県営球場

 第72回秋季東北地区高校野球大会は11日、盛岡市の岩手県営球場で開幕した。初日は同球場と花巻球場で1、2回戦4試合が行われ、県勢の磐城は1回戦で山形第3代表東海大山形と対戦し、6―0で勝利した。台風19号の接近に伴い12、13日の試合については14日以降に順延する。大会第2日の14日は学法福島が花巻球場第1試合(午前9時開始予定)で青森第3代表の東奥義塾と、福島成蹊は岩手県営球場第2試合(同11時30分開始予定)で山形第1代表鶴岡東との初戦に臨む。磐城は同球場第3試合(午後2時開始予定)で秋田第1代表の能代松陽と対戦する。

 福島大会を53年ぶりに制し第1代表として出場する学法福島の印部颯汰主将(2年)は「いよいよ始まるんだ」と少し緊張した様子だった。14日の東奥義塾(青森)戦に向け「心を浮つかせることなく、自分たちのやるべきことをやっていく」と意気込んだ。

 初の東北大会出場を果たした福島成蹊の上遠野浩輝主将(2年)は「東北の舞台の雰囲気を味わえた。試合に向けてスイッチが入った」と闘志を燃やす。14日の初戦に向け「まずは1勝して勢いをつけ、優勝まで駆け上がりたい」と話した。

 【10月11日の福島県代表・試合結果】秋季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン