「秋季東北高校野球」福島県勢対戦カード決まる!10月20日開幕

 

 来春のセンバツ出場が懸かる第74回秋季東北地区高校野球大会(20~26日、宮城県)の組み合わせ抽選会は14日、オンラインで開かれ、出場18校の対戦カードが決まった。本県第1代表の聖光学院は21日の2回戦第3試合(午後2時30分開始予定)で、東奥義塾(青森第3代表)と大曲工(秋田第3代表)の勝者と対戦する。

 第2代表の東日大昌平は21日の2回戦第1試合(午前9時開始予定)で花巻東(岩手第1代表)と初戦を戦う。第3代表の学法石川は大会初日の20日の1回戦第1試合(午前10時開始予定)で盛岡大付(岩手第3代表)と激突する。大会は、宮城県の石巻市民球場と仙台市民球場の両球場で行われる。県勢3校の初戦はいずれも石巻市民球場。両球場とも有観客で行われ、収容人数は上限3000人。