「プロ野球志望届」提出締め切り...福島県勢・高校生は2人提出

 

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

 県勢は打撃が魅力の佐藤都志也(東洋大、聖光学院高卒)のほか、投手の国分渉(ふたば未来高)、捕手の渡部雅也(日大山形高、中村一中卒、大熊町出身)、外野手の片岡奨人(東日本国際大)がプロ志望届を提出している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン