光南、センバツ21世紀枠候補に推薦 一般は聖光、学石 県高野連

 

 福島県高野連は8日、福島市で理事会を開き、来春の第96回選抜高校野球大会(センバツ)の21世紀枠県候補校に光南を推薦すると決めた。一般推薦校には秋季県大会優勝の聖光学院、準優勝の光南、3位の学法石川を推薦する。

 センバツ出場校は来年1月26日の選考委員会で決定する。第96回大会から東北地区の一般選考枠は1枠増え、3校が選ばれる。21世紀枠は1枠減の2校となる。

 21世紀枠県候補校となった光南の創部は1996年で、現在の部員は43人。今年の秋季大会では6年ぶりに東北大会に出場した。また夏の福島大会は8年連続でベスト8以上に進出しており、そのうち決勝に進んだのは4度という実績を持つ。多くの部員が地元出身者で、多くの矢吹町民らが県大会の応援に訪れるなど、地域から愛されている点も評価された。

 このほか、日本学生野球協会の優秀選手の選考も行われ、聖光学院で主将を務めた高中一樹(3年)の推薦を決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきFC「勝負の月」 上位陣との3連戦へ、22日は山口戦