福島東、9回サヨナラ「初戦突破」 福島商11安打も守備5失策

 
【福島東―福島商】サヨナラ勝利を決め、応援団の元へ駆け寄る福島東ナイン=ヨーク開成山スタジアム

 第71回秋季東北地区高校野球県大会第2日は14日、白河グリーンスタジアムなど3球場で1回戦7試合が行われた。同地区対決となった東日大昌平―いわき光洋は、延長10回に勝ち越した東日大昌平が7―6で勝利。福島東は9回サヨナラで福島商を破り、2回戦に進出した。第3日の15日は3球場で2回戦8試合が行われる。

 福島商「守備や連係プレーでミス」

 終盤に追い付いた福島東がサヨナラ勝ちで福島商との接戦を制した。

 福島東は1点差の七回に相手捕手の送球ミスで同点に追い付くと9回裏2死満塁から対馬が四球を選び試合を決めた。福島商は11安打を放ったが12残塁。守備は5失策と精彩を欠いた。

 昨秋の県大会4強の福島商が初戦で姿を消した。4回表まで3点をリードしたが、中盤に追い付かれ、最終回の押し出し四球で力尽きた。

 「守備や連係プレーでミスが出た」と渡辺真也監督。その言葉通り5失策と守備が乱れ、攻撃も12残塁とかみ合わなかった。「自分が抑えて勝ちたかった。チームに申し訳ない」。7回途中からマウンドに上がり、好投した伊藤広起(2年)も制球が定まらなかった最終回を悔やむ。「終盤に点差を詰められ、チームに硬さが出てしまった」と主将の松川稜央(2年)。敗戦を糧に古豪が復活を誓う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場