男子39歳以下・相馬、女子50歳以上・福地制す 東和ロードレース

 
晩秋の東和路を駆け抜ける選手たち

 第54回東和ロードレース大会は5日、二本松市の太田住民センターグラウンド前特設ゲートを発着点とするコースで開かれた。

 2~10キロの30部門に県内外から1219人がエントリー。最長10キロ種目のうち高校生を含む一般男子39歳以下で相馬一生(新潟県・FREERUN)が33分17秒、同女子50歳以上で福地良子(埼玉県・刀水AC)が43分25秒でそれぞれ優勝した。

 同大会実行委、二本松市、市教委、市スポーツ協会の主催、市陸上競技協会の主管、福島民友新聞社などの後援。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

浜風感じて市民ランナー6300人健脚 いわきサンシャインマラソン