学法石川、磐城農振り切る!試合立て直した佐藤『雨中の快投』

 
【磐城農―学法石川】雨のマウンドで力投する佐藤日=白河グリーンスタジアム

 第101回全国高校野球選手権福島大会第8日は20日、会津若松市のあいづ球場など3球場で3回戦8試合が行われ、東日大昌平などシード校が順当に4回戦に進んだ。学法福島は延長10回に勝ち越し、田村に7―4で勝利。第2シード学法石川と磐城農の試合は雨で2度の中断を挟んだが、7―3で学法石川が制した。大会第9日の21日は3回戦8試合が行われる。

 学法石川・佐藤「甘い物は好き」

 中盤の好機で逆転した学法石川が磐城農を振り切った。学法石川は1点を追う5回、敵失と島田の適時打で逆転。8回にも桑山の犠飛などで2点を追加した。磐城農は先発森建が粘投したが、打線は4安打に抑えられた。

 「チームの勝ちにつなげられた」。雨による2度の中断を挟み5時間に及んだ試合。4回途中、エースに代わってマウンドに立った学法石川の佐藤日翔(2年)が試合を立て直した。

 先発のエース横山凌(3年)は雨で制球が定まらず、4回には連続四球と暴投で相手に逆転を許した。

 後を託された佐藤日は、まず2死二、三塁のピンチを空振り三振で切り抜けると、その後も4回1/3を無失点。攻撃でも5回に同点につながる中前打を放ち、島田鼓太郎(同)の中前打で勝ち越しのホームを踏んだ。

 試合時間の半分以上が中断時間となった試合で、佐藤日の集中力維持に役立ったのがチョコレートだった。好救援したのはマネジャーの大川内沙彩さん(同)。試合には栄養補給のためバナナとゼリー飲料を用意するが、この日は偶然にもチョコレートを持参。

 佐藤日は「なんであったか分からなかったけれど甘い物は好き。集中が切れなかった」とマネジャーの好プレーに感謝した。

 【7月20日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第8日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし