センバツ・21世紀枠に「磐城」推薦 福島県高野連、東北で8強

 

 県高野連は5日、福島市で理事会を開き、来春の第92回選抜高校野球大会の21世紀枠県候補校に磐城を推薦することを決めた。

 磐城は創部1906(明治39)年で部員20人。秋季県大会では4強入りを果たし、県第3代表として出場した東北大会ではベスト8進出の快進撃を見せた。これらの活躍などが評価された。

 東北地区の高野連が12月13日に、磐城を含めた候補校の中から東北推薦校1校を選出。来年1月24日の選考委員会で全国9地区の推薦校9校から21世紀枠として3校が決まる。

 一般推薦枠には秋季県大会優勝校の学法福島と準優勝校の福島成蹊、3位の磐城を推薦することを承認したほか、日本学生野球協会の優秀選手に聖光学院の清水正義主将(3年)の推薦を決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝...早くも『監督バトル』 酒井、大八木監督ら決戦前に