磐城、甲子園へ招待!センバツ32校が交流試合 8月に各校1戦

 
グラブなどを手にグラウンドへ駆けだす磐城高野球部ナイン=10日午後

 日本高野連は10日、ウェブ会議による理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた磐城(21世紀枠)など32校を、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場に招待し、各校が1試合ずつ行うと発表した。「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」とし、日本高野連が主催する。

 日程は8月10~12日と15~17日の計6日間。雨天の場合は順延する。感染拡大防止の観点から1日3試合以内とし、延長戦は行わない。現時点では無観客が原則で、学校関係者の入場については、今後の感染状況の推移を見ながら検討する。出場校が参加しての開会式は実施せず、対戦カードは7月18日に各校主将によるオンライン抽選会で決定する。

 ベンチ入りは例年の18人から2人増の20人。招待人数は、部長、監督、記録員1人、補助員5人ら合計30人以内とすることになった。

 宿泊は前日と試合当日の最大2泊が原則。関東から西の出場校は公共交通機関を使わず、地元から貸し切りバスで来場するなど感染防止対策に努めるとしている。選抜大会、全国選手権大会は中止となったが、高校球児に甲子園球場でプレーする機会が設けられた。

 日本高野連の八田英二会長は「交流試合の決定は、日本高野連の挑戦であり、新たな挑戦に向かう高校球児へのメッセージ。悔いのないように交流試合に臨んでください」と語った。

 選抜大会は3月に史上初の開催中止が決定。その際に八田会長は出場校への"救済措置"を検討する意向を示していた。

 例年であれば、甲子園球場では8月に全国高校野球選手権大会が開かれているが、新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会と出場権を懸けた地方大会が中止になった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東北王者は聖光学院!仙台育英に8-0 夏の高校野球東北大会