相馬東高にセンバツ「21世紀枠推薦」表彰状 秋季福島4強入り

 
松浦会長から賞状を受けた渡部主将(中央)と、同席した遠藤監督(右)

 県高校野球連盟は27日、来春の第93回選抜高校野球大会の21世紀枠県候補校に推薦した相馬東野球部に、日本高野連表彰状を伝達した。

 県高野連事務局が置かれている福島市の福島商高で伝達式が行われ、松浦冬樹県高野連会長が渡部瑛士主将(2年)に表彰状を手渡した。遠藤将太監督が同席した。

 渡部主将は「21世紀枠の名に恥じない責任ある行動をしたい。このチームで少しでも長く野球ができるよう練習に取り組む」と意気込んだ。

 相馬東は今年、秋季大会の相双支部大会で創部以来の初優勝を果たし、県大会でも4強入りした。9年前の東日本大震災や昨年の東日本台風で校舎やグラウンドが被災する中、活動を続けてきたことなども評価された。

 東北地区の高野連が12月11日、各県の候補校の中から東北推薦校1校を選出。選考委員会が来年1月29日、全国9地区の推薦校9校から出場校3校を決定する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「箱根駅伝」5監督トークバトル!青学大・原監督『絆大作戦』