東日大昌平、秋の連覇ならず 立花粘投「聖光が一枚上手だった」

 
【聖光学院―東日大昌平】5回途中からマウンドに上がり、粘投した東日大昌平の立花

 秋の連覇を阻まれた。5回途中から登板して粘投したものの、決勝打を打たれた東日大昌平の立花光(2年)は「聖光(学院)の方が一枚上手だった」と素直に敗戦を受け入れた。

 7回までは三者凡退で抑えるパーフェクトピッチングだった。しかし8回。2巡目に入った相手打線に捉えられた。長打と失策で招いた2死二、三塁のピンチ。迎えた三好元気(聖光学院1年)を2球で追い込んだが粘られ、自信がある直球を右前に運ばれた。

 ただ、「決勝で投げられたことは大きな自信につながった」と立花。「持ち球の精度を上げて、もっと良い投球がしたい」。目指すはセンバツ出場。さらに成長を遂げ、東北の舞台で躍動すると誓った。

 【9月29日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日