男子は高田2連覇!中央台南との『激闘』制す 福島県中学駅伝

 
ガッツポーズしながらフィニッシュする男子・高田のアンカー鈴木=21世紀の森公園

 駅伝の第63回県中学校体育大会は7日、いわき市の21世紀の森公園で開かれ、男子は県最高記録の56分9秒で高田が2度目の優勝を飾り2連覇した。女子は若松一が41分56秒で2年ぶり5度目の頂点に立った。

 地区大会を勝ち抜いた男女各33校が出場、男子は6区間18.06キロ、女子は5区間12.06キロでたすきをつないだ。男子の高田は2位の中央台南と2区以降先頭争いを繰り広げ、4区でトップに立ち、最後は4秒差で勝利した。女子の若松一は、1区で6位につけると、徐々に順位を上げ、5区で1区から首位を守った湯本一を逆転した。

 全国大会は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となっている。

 唯一3年生・鈴木の意地

 高田は中央台南と5区までタイム差なしの接戦。チームを連覇に導いたアンカー鈴木大翔(3年)は「頑張っていた2年生を、優勝させたい一心だった」と汗を輝かせた。

 高田の出走選手は、鈴木のほかは全員が2年生。各選手が区間上位の走りで中央台南と共に大会新ペースの争いを繰り広げ、ほぼ同時でアンカーにたすきがつながれた。

 中盤までは並走する展開だったが、終盤の上り坂と下り坂で勝負を決めた。鈴木は坂道ダッシュで磨いた走力でスパートを掛けると、ゴール目前でライバルを引き離した。

 新型コロナウイルス感染症の影響で全国大会が中止となり悔しさはあったが、目標を県優勝に定め練習に励んだ。「下級生は実力がある。今回の優勝を力に、来年こそ全国優勝を狙ってほしい」と鈴木。たくましい後輩に囲まれ、すがすがしい表情を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞