第7代高校野球ガール・上野さくらさん「応援団に負けない応援」

 
第7代KFB高校野球ガールの上野さくらさん

 初めて高校野球の応援に足を運んだのは昨夏。選手、観客の熱気があふれたいわきグリーンスタジアム(いわき市)で、劣勢でも諦めずに白球を追う球児の姿に魅了された。「球場の一体感がすごかった。今年も応援団に負けない声で応援したい」。7月10日の全国高校野球選手権福島大会開幕が近づく中、期待に胸を膨らませる。

 「最後まで何が起きるか分からない」と野球の魅力を語る。高校2年生で、学校では毎日遅くまで練習を続ける野球部員の姿を見守っている。

 中学時代は軟式テニス部で白球を追い掛けた。1泊2日の合宿では、朝5時からランニング。30分で500球を打つ厳しい練習にも汗を流した。そんな時間を乗り越えたからこそ、分かることもある。「どんなに練習しても絶対に勝てる保証はない。でも練習は自信を付けてくれる」

 県内の美少女を紹介する「福島美少女図鑑」をはじめ、雑誌などのモデルとしても活動する。憧れるのは2017(平成29)年に高校野球ガールを務めた「先輩」でもある、郡山市出身のモデル・女優の箭内夢菜さん。「とにかく笑った顔がかわいいし、スタイルもいい」と目を輝かせる。活動を通して、女優やタレントなど、将来の夢を見つけたいという。

 中学時代に培った忍耐力を応援でも発揮したいと意気込む。「3年生にとっては最後の夏。最後まで諦めずに、思い出に残る夏にしてほしい」。笑顔輝く新星がこれから始まる球児たちの夏を明るく照らす。

 【プロフィル】会津若松市在住。「福島美少女図鑑」などでモデルとして活動。チャームポイントは長いまつげ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道