福島商「やることはやった」 4回4失策、悔やむ主将

 
【日大東北―福島商】逆転負けし、ベンチ前で日大東北の校歌を聞く福島商ナイン

 「相手のブラバン応援にも圧倒され、浮足立ってしまった」。福島商は4回の守備で普段では考えられないミスを連発。先制点を奪ってつかみかけていた流れを失い、主将の遊撃手田中冴輝(3年)は4失策を記録したこの回を悔やんだ。

 打線もこの回以降無安打で反撃できなかった。「気持ちを切り替え、ミスは打って取り返したかったのに...」と田中。試合前日まで日大東北の左腕馬場央典(3年)を想定した打撃マシンで練習していたが、直球狙いが裏目に出て、変化球を捉えられなかった。

 それでも、田中は「やることはやった。相手が上だった」と敗戦を淡々と受け入れた。中学時代に梁川中で県中体優勝を経験し、中学で野球に一区切りを付けることも考えたが、甲子園出場を夢見て伝統校の福島商に進学。仲間と共に白球を追い掛けてきた。

 高校野球生活の3年間を振り返り、「礼儀が厳しい伝統校で人間性を磨くことができた。今後の人生に生かしたい」と前を向いた。

 【7月24日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第11日