【8月12日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

 

 第105回全国高校野球選手権記念大会は第7日の12日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われ、本県代表の聖光学院は2―8で昨夏優勝の仙台育英(宮城)に敗れた。

 初回に先制を許した聖光学院は、二回1死三塁から松尾学武(3年)の犠飛で1点を返し、すぐさま同点に追い付いた。1―3と勝ち越されて迎えた四回1死、杉山由朗(同)の本塁打で1点差に迫るなど接戦を演じた。

 しかし終盤、先発して粘りの投球を続けていた小室朱生(しゅう)(同)が初戦で19得点を挙げた強力打線の仙台育英に捉えられ、七回に3点を献上。終盤にリードを広げられ、苦しい展開となった。打線は五回以降、継投した相手投手陣を打ち崩すことができず、反撃は届かなかった。

 聖光学院の敗戦で県勢の夏の甲子園での成績は40勝61敗となった。



◎――阪神甲子園球場――◎
2回戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
聖光学院
0
1
0
1
0
0
0
0
0
2
仙台育英
1
2
0
0
0
0
3
2
X
8
(試合終了)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきFC、勝ち点死守 リーグ後半戦初戦は甲府とドロー