青学大2年ぶり総合V!大会新記録 箱根駅伝、復路Vは東海大

 

 第96回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの復路5区間、109.6キロで行われ、往路を制した青学大が10時間45分23秒で、2年ぶり5度目の総合優勝を果たした。大会記録を6分46秒更新。復路は2位で、連覇が5で止まった。7区では明大の阿部弘輝(4年、学法石川高卒)が1時間1分40秒で走り、区間記録を36秒更新した。最優秀賞に当たる「金栗四三杯」は2区で区間新記録を樹立した東洋大の相沢晃(学法石川高卒)が受賞した。

 総合2連覇を狙った東海大が往路4位から追い上げ、3分2秒差の2位。復路は5時間23分47秒の新記録で制した。国学院大が終盤の4校による競り合いを制して過去最高の3位。帝京大が4位、東京国際大が5位、明大が6位だった。青学大は安定した走りでリードを保ち、9区の神林勇太が区間賞の走りで後続を突き放し、危なげなく逃げ切った。総合7位以下は早大、駒大、創価大と続き、10位の東洋大までが来年のシード権を獲得した。

 県勢は阿部のほか、6区の半沢黎斗(早大2年、学法石川高卒)が区間19位、7区の真船恭輔(東京国際大4年、学法石川高卒)が区間7位、8区の芳賀宏太郎(東京国際大2年、学法石川高卒)が区間5位、櫛田佳希(明大1年、学法石川高卒)が区間8位だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞