花壇に咲いた『五輪マーク』完成! 福島・あづま総合運動公園

 
五輪マークの花壇を完成させた福島明成高生=20日午後、あづま総合運動公園

 福島明成高生は20日、東京五輪の競技会場となる福島市のあづま総合運動公園で花壇の植え替え作業を行い、草花で五輪マークを完成させた。

 花壇の大きさは横6.4メートル、奥行き3.2メートル。5月15日に設置され、1カ月おきに植え替えが行われている。

 参加したのは生物生産科施設園芸コースの3年生17人で、育てたカリブラコアとバジルを植えた。女子生徒(18)は「新型コロナウイルスで気分が沈んでいると思うので、花壇を見て元気になってほしい」とエールを送った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東日大昌平が初優勝、福島商に5-1 秋季高校野球福島県大会