「カウントボード」再点灯! 福島県庁とJR6駅、会津田島駅

 
東京五輪開幕までのカウントダウンが始まったボード

 県は23日、東京五輪開幕まで1年に合わせて、県庁とJR6駅(福島、郡山、新白河、会津若松、原ノ町、いわき)、会津鉄道の会津田島駅にあるカウントボードを再点灯した。県庁には福島市のあづま球場で行われる野球・ソフトボール競技の日程を記した横断幕も掲げた。

 県内4カ所の東北電力の鉄塔などでは五輪マークの5色をイメージしたライトアップを開始。8月8日までで、パラリンピック1年前の8月24日~9月5日にはパラリンピックマークの3色で点灯する。ライトアップは福島、会津若松、いわき各市の電力センター鉄塔と南相馬市の原町火力発電所煙突。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東日大昌平が初優勝、福島商に5-1 秋季高校野球福島県大会