二つの「金」福島県民に感謝 東京五輪・野球、ソフト両監督来福

 
内堀知事を表敬訪問した稲葉監督(左から2人目)と宇津木監督(右から2人目)=福島市のとうほう・みんなのスタジアム

 東京五輪で世界一に輝いた野球代表の稲葉篤紀監督とソフトボール代表の宇津木麗華監督は16日、福島市を訪れ「福島県民の応援を力にあづま球場で勝利し、金メダルにつながった」と県民への感謝の思いを語った。

 両監督は、あづま球場に隣接するとうほう・みんなのスタジアムで内堀雅雄知事と会談した。稲葉監督はドミニカ共和国戦について「ぎりぎりの戦いだったが、サヨナラ勝ちで勢いに乗れた」と振り返り、宇津木監督は「無観客でも声援を感じていた。選手とは『福島で勝利して良いスタートを切る』ことを常に話していた」と明かした。

 県野球団体協議会の松本壹雄(かずお)会長と県ソフトボール協会の長沢初男会長が同席した。

 素晴らしい環境でプレー

 稲葉篤紀監督と宇津木麗華監督が報道陣の取材に応じた。

 ―あづま球場での試合を振り返って。
 稲葉監督「改修をしてもらいプレーしやすい球場になっていた。素晴らしい環境でプレーできた」
 宇津木監督「無観客だったが『観客が入っているようだ』と選手が話していた。最高の球場だった」

 ―県民へメッセージを。
 稲葉監督「球場に立って、逆転でスタートした五輪を思い返した。金メダルで恩返しになっていればうれしい」
 宇津木監督「ソフトボールを戦うためにいい環境をつくってもらい、金メダルを報告できたことがうれしい。これからもソフトボールを通じて発信をしたい」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る