聖光学院・清水主将「応援に恩返し」 内堀知事に甲子園へ決意

 
内堀知事(左)に出場を報告する斎藤監督(左から2人目)と清水主将(同3人目)ら

 第101回全国高校野球選手権に本県代表として出場する聖光学院の斎藤智也監督と清水正義主将は31日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事に大会の抱負を語った。

 清水主将は「応援してくれる方々のために恩返しがしたい」と決意を新たにした。斎藤監督は「春の大会の敗戦を受け、選手たちが革命に乗り出した。甲子園でも結果にとらわれず躍動したい」と話した。

 内堀知事は「信じる力や気力が勝敗を分ける。大きな声で応援していく」と激励した。新井秀校長も同行した。

 同日、伊達市役所も訪れた。選手らは甲子園開幕に向け2日、大阪入りする。