聖光学院・荒牧、窮地で2打席連続アーチ 甲子園に刻む...意地

 
【海星-聖光学院】7回裏聖光学院無死、荒牧が左中間に本塁打を放つ

 9回、聖光学院の荒牧樹(3年)が放った打球に球場が沸き立った。前打席の公式戦初本塁打に続く2打席連続アーチ。打線がつながりを欠く中、窮地に見せた勝負強さは聖光野球の意地だった。勝利にはあと一歩及ばず「控えの仲間を日本一にさせられなかったことが一番悔しい」。声を震わせた。

 2点を追う7回、「なんとか塁に出てチームを勢いづけたい」と直球を振り切った。打った感触はほとんどなかった。「気付いたら入っていた」。打球が左中間スタンドに飛び込むと、一番驚いていたのは打った本人だった。

 ただこの試合、本塁打の喜びよりも荒牧が悔しがったのは、二塁手としての守備のミスだった。1点を追う9回海星の攻撃、福島大会で6試合無失策を誇った名手の手元がわずかに狂った。捕球体勢に入ったが、打球はグラブに収まらず外野に転がった。失策で出した走者を得点につなげられ、点差は広がった。「今までの守備練習では足りなかったのか」

 直後、最終回の最後の打席で再び快音を響かせる。「このまま終わるわけにはいかない。仲間と一緒にまだ野球がしたい」。その一心だった。しかし聖光の反撃はここまで。勝利こそ手にできなかったが、2打席連続本塁打で甲子園にその名を刻んだ。荒牧は「みんなに打たせてもらった本塁打だった」と仲間への感謝を口にした。

 【8月12日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし