聖光学院にまさかの判定...『塁踏み忘れ』 先制好機がため息に

 
【海星-聖光学院】3回裏聖光学院無死、左前に打球を運んだ清水。この後、一塁ベース踏み忘れの判定でアウトとなった

 先制の好機となるはずが、聖光学院にまさかの判定が下った。

 2回、先頭の清水正義(3年)が放った打球は左翼へ。清水は二塁に到達したが、海星側は一塁ベースの踏み忘れをアピール。塁審が踏み忘れを認め「アウト」の判定が下ると、応援スタンドの歓声はため息に変わった。

 詰まりながらも左翼線に運び、打球を見てすかさず二塁を狙った清水。「自分では(ベースに)足が当たったと思ったが」と苦い表情。「自分たちの高校野球は終わったが、これからは後輩たちが勝てるように少しでも役に立ちたい」と話した。

 【8月12日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場