藁谷、前回大会超え男子総合2位 いわきサンシャインマラソン

 
【フルマラソン男子総合】力強い走りで2位に入った藁谷誠矢

 いわき市で25日に開かれた第15回いわきサンシャインマラソンでは、日本陸連登録選手や市民ランナー約6300人が32部門で健脚を競った。フルマラソンの男子総合では宮川慎太郎(棚倉町駅伝チーム、東京都)が2時間18分5秒で大会記録を更新して初優勝。女子総合は本間未来(北村山陸協、山形県)が2時間41分38秒で2連覇を飾った。

 30キロ、ギア上げ勝負に

 2時間19分14秒で、男子総合2位に入った藁谷誠矢(NTTビジネスアソシエ東日本、いわき市出身)は「自分の名前を呼んでくれた沿道の声援が力になった」と地元いわきの大きな後押しに感謝した。

 5000メートルと1万メートルが専門でフルマラソンの挑戦は3度目だった。「風もなく余裕を持って走れた」。序盤から快調な走りを見せた。先頭集団の中で足をため、迎えた30キロ地点でギアを上げて勝負を仕掛けた。懸命にゴールを目指したが、一度は引き離した宮川慎太郎に追いつかれ、2位でのフィニッシュとなった。「残り5キロでペースが落ちてしまった」と悔しがった。

 高校まで過ごした地元いわきで開かれる大会に特別な思いを持っている。前回大会は初出場で3位に輝き、今回一つ順位を上げた藁谷は「来年こそは優勝したい」と力強く誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【2024新戦力】ジュ ヒョンジン GK 背番号39/ 広い守備範囲強み